探し物は何ですか

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

カバンの中を見る女の子 繁華街は忙しいところだ。人が右に左にと視界の中を素早く抜けていく。その速い動きに歩調を合わせて、一人の女の子が歩いてきた。突然歩みをゆっくりにしたかと思うと、肩にかかった鞄のストラップを外し、片手で高く吊り下げた。大きく開いた鞄の中に視線を落としてしばらく眺めた後、彼女は反対の手を鞄の中に入れて、中をかき回した。
 何かを探しているようだった。
 大きな鞄を使う女の子が多いのはなぜだろう?中には何が入っているのか、男である僕には、わからない。女の子の鞄は、多分、なにか別の宇宙のようになっているに違いない。星の数のように、色々なものを持ち歩いているはずなのだ。メイク道具であったり、ヘアケア用品であったり、そういったたくさんのものが、女の子を作り上げているのだ。可愛らしさを保つために必要な鞄の大きさが、この大きさではないだろうか。

 鞄から出てきた手にはスマホが握られていた。たくさんのものの影に隠れて、見えなかったのだろう。
 彼女は再びストラップに腕を通して鞄を方からかけると、再び回りの流れに歩調を合わせるように歩みを早めた。たった今、取り出したばかりのスマホに視線を落としながら、人が流れていく彼方へと消えていった。