愛犬とともに

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

背後から犬に声を掛ける女の子  9月に入って気候が穏やかになり、日差しの下でも快適に過ごせるようになると、休日の公園にたくさんの人がやって来て、思い思いの時間を過ごすようになる。
 芝生が植えられた広い緑地を持つ公園で、家族でやって来ている女の子を見た。家族には、人だけではなく、一匹の犬が含まれていた。黒い小さな犬だった。
 彼女は広い芝生の上で犬と遊ぼうとしていた。
 彼女はリードをつけた愛犬を引いて、芝生の上を駆けて行った。犬も彼女に合わせて走っていく。遠くまで来た所で、彼女は犬のリードを外して少し離れ、手を叩いて名前を呼んで犬を呼び寄せた。声に反応して足元に駆け寄って来た犬を抱きかかえると、彼女は歩き出した。
 家族について回って走り、一緒になって遊ぶ姿を見ると、犬と暮らすというのは楽しそうだなと思う。何よりも、笑顔を与えてくれる存在だろう。彼女の表情の中に、犬への愛情がいっぱい詰まっているような気がした。

 リードを外し、犬を芝生の上にやさしく置いた。彼女が手を離すと、犬は走り出した。手を大きく広げて名前を呼び、彼女も後ろから追いかけて行く。走り出した犬は、真っすぐに家族の方へ向かって行った。彼女も追いつくために、上体を起こして走って行った。