遠くを見渡して

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

額に手を当てて遠くを見るポーズを作る女の子 素敵な仕草を見たい時は、人出の多い公園に行くといい。そこではたくさんの人が写真を撮っていて、写真に撮られる人のそれぞれが、自分を演出するポーズを考え出しているのだから。
 モニュメントに手をかけて、ぶら下がっている女の子が見えた。その子はぶら下がったまましばらく体を回してあたりをうかがっていた。ある時、閃いたように、体を支えている手を伸ばし、反対側の手を額に当てて遠くを見るしぐさを作った。昔の船乗りがロープを掴んで甲板から水平線を見る時に取ったポーズの様だった。
 彼女の目に、何が写っているのだろうか。
 10代の女の子がそうやって遠くを見つめる仕草が、まるで自分という船の進路を探しているような、初々しい印象がとても強く感じられた。
 彼女の目から見た僕の姿は、視界の中の一つの点にすぎないだろう。でも反対に、僕の目から見た彼女の姿は、高い所で素敵な仕草を見せる星のような存在だ。

 彼女はポーズを崩して、モニュメントから手を外して降りて行った。
 時とともに星が水平線に沈んでいくように、素敵な仕草も消えてしまった。でも、次の星がまた昇ってくるかもしれないじゃないか。
 素敵な仕草を見たい時は、人出の多い公園に行くといい。