ジャンプ!

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

大きく飛び上がる女の子  太陽が傾いて陽の光に赤みが増してきた頃、海岸を散歩する人が増えてきた。水際を歩く人もいれば、砂の上を犬と一緒に歩く人もいた。
 遠くの砂地の上で、女の子が友達と一緒に何度も飛び上がっていた。
 1,2,3!
 彼女らは一斉に飛び上がり、空中で足を折り曲げて、大きく手を広げた。ジャンプの勢いで髪が宙を舞っている。ほんの1秒後、彼女らは砂の上に降り立った。
 一度飛び上がる毎に、置いてあるカバンに駆け寄り、自分達に向けて置いていたスマートフォンの画面を見た。そして再び数歩離れた位置に戻って、タイミングをはかる。
 1,2,3!
 今度は彼女らのジャンプのタイミングが合わず、バラバラに飛び上がって不格好な姿になってしまった。着地した彼女らは、大きく口を開けて笑いあった。気を取り直して皆で並んで、慎重にタイミングを測ると、大きく空へ向かって飛び出した。
 空中で大きく手を伸ばした姿に開放的な雰囲気を感じた。やりたいことを、自分がしたいように、人目を気にせずにやる。その姿が、彼女が、今、この瞬間を生きているという印象を与えてくれたのかも知れない。

 何度も飛び上がったせいか、疲れてしまったらしい。彼女らは座り込んで、海を眺めながら話し始めた。