ジャンピングキャッチ

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

ジャンプして頭上のパスを受ける女性ラクロス選手  ゴールにボールを入れるタイプの球技の魅力は、パスワークで守備を崩すための選手の位置取り、ディフェンスを突破していくスピードにあるだろう。逆の視点から見れば、攻め込んでくるボールを阻止するディフェンスコントロールにあるとも言える。
 女子ラクロスの試合で、両チームの選手がフィールの端から端へと走ってボールを追いかけていた。
 ディフェンスがボールを奪うことに成功して、すぐにサイドへ進んで行った場面だった。しかし、相手側のミッドフィルダーが駆け寄ってきて、そこから前へと進むことを許さない。その瞬間、中央でフリーになっていた選手がスティックを挙げて、自分の位置をアピールした。
 ボールはすぐにそちらに向かって送られた。人のはるか頭上を。
 待っていた選手は飛び上がって、自分の身長よりも高い所に飛んできたボールをスティックを立てて受け取ろうとしていた。
 ボールはポケットへと飛び込んで行く。
 彼女は顔を下へと向けてフィールドを見渡した。ゆっくりと地球にひかれて落ちている。足が地面にぶつかって膝を落として衝撃を和らげると、すぐに蹴り返して体を前へと弾き出した。
 素早くスティックを回してボールをしっかりとホールドしながら、彼女は相手ミッドフィルダーを交わして、ゴールへと跳んで行った。