どんな時も

画像をクリックすると全身像を表示するページにジャンプします

試合開始前に髪を結び直す女性ラクロス選手  その女子ラクロスの試合は一進一退の攻防が展開されていた。
 ファールでプレーが止まったところで、審判がタイムアウトを取った。両チームの選手たちがフィールドサイドへと走って行く。監督らしき人も選手に近寄ってきて声をかけている。サポートのマネージャーたちは、その横からクーラーボックスやボトルを運んできて、選手たちに手渡していた。一通り水分補給を終えると、監督は幾人かの選手たちに指示を与えていた。
 タイムアウトが終了する間際、選手たちは肩を組んで円陣になり、大きく声を上げた。戦いが始まる前の儀式のようだ。
 彼女たちは、フイールドのそれぞれのポジションへと散っていった。スティックを握り、ゴーグルを顔に付けて。
 一人の髪の長い選手が気になった。スティックを持った手を添えながら、反対の手で髪を引っ張って整えている。
 いいか、男性諸君、覚えておけ!(もちろん、僕を含めてだ)
 女の子ってのは、たとえこれから生きるか死ぬかの戦いに挑む時でも、自分が綺麗に見えるかってことを大事にするものなんだ。それが伝わってくるからこそ、女性たちの中に美しさを見出すんだけどね。オレらみたいなもんは。
 選手たちが全てポジションにつくと、審判はホイッスルを吹いて試合を再開した。
 彼女もボールの動きに合わせて走りだした。髪が後ろへと流れて揺れるる姿が綺麗に見えた。