思い出の写真は綺麗に撮りたい

 港の埠頭で、記念写真を撮っている女の子たちがいた。  一人がカメラを構えて、正対して並んでいる他の子たちを写真にとらえようとしている。背面に映された姿を確認しながら、慎重にカメラの向きを調整...

最後の夏の日

 8月が過ぎて、海水浴期間が終わった砂浜に、いまだ強い日差しが照りつけていた。夏の最高気温のピークは過ぎたものの、暖かい空気が僕らを包み込んでいる。海に入っても心地いいくらいの気温だった。  砂の上...

絵になる景色はどこにある

 夏に差し掛かった砂浜にカメラサークルの女の子たちがやって来た。インストラクターの注意を受けたあと、彼女たちはカメラを片手に被写体を探しに散っていった。みんなで連れ立って波打ち際に近付き、海に足だけつ...

コミュニケーションのかたち

 僕の乗った特急列車が停車駅で止まった。窓から見える隣のホームは閑散としていて、数えるほどしか人がいなかった。1番近くのベンチには高校生の女の子が一人、座っているだけだった。  彼女はじっとし...

パーティドレスのひと

 大きな駅の周りには色々物が集まってくる。百貨店。ホテル。高層ビル。鉄道、バス、車。そして、人。彼らがそこにいる理由は千差万別である。仕事、旅行、買い物。 それぞれの目的のためにやって来る人たち...

冬眠が終わった後に

 肌へと当たる風の中から刺さるような寒気が消えた頃、休日の公園にはたくさんの人が繰り出して来る。真冬には誰もいなかった草の上に、歓声が戻ってきた。春の到来を祝うように、色々なものが宙を舞っていた...