線画一覧

おどけた仕草で笑いを誘う

 たくさんの店が軒を連ねる大きな繁華街には、休日ともなると大勢の人が行き交うようになる。アパレルストアの多いブロックで、友達同士で歩いているティーンエイジャーの女の子達がいた。彼女たちは流行りの服を上...

美味しいものは幸せにする

 公園でグルメイベントが開かれた。敷地内に多くのブースが建てられ、その一つ一つが個性的な料理を作っている。やって来た客はその中から気に入った料理のブースの前に次々に並んでいる。  グルメイベントはた...

少女の面影

 繁華街を歩いていると、フォーマルな服を着た人たちが歩いてくるのが見えた。男の人はスーツ、女の人はドレスを着た上にコートを羽織っている。大きな街に行くと、こういった様相の人を見る機会が多い。結婚式に出...

疾走

 フルマラソンに挑戦している人たちが、秋の陽の光に照らされていた。その日は晴れてはいたが大きい雲が時折通り過ぎていくような天候で、強い光が差す時と薄暗い時が交互にやって来た。それでも、眩しい光に対処す...

時間との闘い

 マラソン大会が開かれた日、コースの脇に立って走っていくランナーたちの姿を見ていた。目の前を川の流れのように一方向に人が駆け抜けていく。川が干上がることがないように、永遠に続くかと思わせるほどランナー...

ゴールへ向かって

 秋が深まって寒さが強くなってきた日に、市民参加型の大きなマラソン大会が開かれた。 号砲が鳴ると数万人ものランナーがスタートからあふれ出し、ゴールを目指して走りだした。日ごろからトレーニングを積んで...

夢を与える人

 大きな会社は、事業内容をPRするためにイベントを開くことがある。工場や車両基地を開放して人を呼び、仕事の中身を紹介するのだ。中には、お祭りのようにたくさんの出し物を用意して、来場したお客を楽しませて...

優しい光の下で踊る

 秋分の日を過ぎると、北半球では太陽が空を動く軌跡が低くなり、陽の光は地上を照り付けるものから優しい明りを与えるものへと変わっていく。沸騰するような空気は去り、暑さも寒さも感じない心地よい空気が地上を...